性病の検査に関すること

男女 クラミジアなどの性交渉による感染が原因とされる性病には、定期的な性病検査を行うことが重要です。東京には多くの性病の治療を行う病院があることから、気がかりな症状がある人、性病検査を受けたい人には東京中心に病院を探してみることをおすすめします。

詳しく見る

性病は放置しないこと

診察

性病は放置することで治る可能性は低いので、性器とその周辺に異常が見られるのなら、性病検査を受けに行きましょう。ただし、適切な性病検査をしてもらうためには、自身の状況をしっかりとお医者様に話すことが大切になります。

詳しく見る

検査を申し込む

男女

東京で性病検査を申し込む場合、保健所や病院で申し込む方法や、性病検査キットを申し込む方法があります。その際、検査を受ける前には、性病の知識や検査方法について、前もって理解してから受けることが大事です。

詳しく見る

知っておくべき検査方法

カップル

性病検査と聞いても、一体どういった検査が行われるのか、わからない方はたくさんいるでしょう。性病検査に関しては、PCRや抗原検査、抗体検査などがあり、それぞれやり方や特徴は異なるので、各検査方法を理解した上で性病検査を受けましょう。

詳しく見る

性病と向き合うために

ハート

東京で暮らす女性の方で、性病検査を受けたいならば、医師ときちんと話し合えるメリットがある、産婦人科を利用するのが一番です。また、女医の数が増えていることからも、検査を受けやすい環境になっているため、気になる方は利用してみるとよいでしょう。

詳しく見る

三種類ある検査方法とは

ドクター

検査にはいくらかかるのか

性病検査のやり方としては、病院でできる検査方法と保健所でできる検査方法、そして性病検査キットによる検査方法の3つがあります。ただし、検査方法によりかかる金額が異なるので、実際に検査を受けてみた際、考えているよりも高額になることもあるでしょう。そこで、それぞれの検査方法ではいくらかかるのか、予め頭に入れておくことが重要です。はじめに、病院で性病検査を受ける場合ですが、検査費用や診察代、薬代などが費用としてかかってきます。診察代の中には再診料や初診料があり、あわせて1000円程度ですませられるでしょう。ただし、検査を受ける際注意することは、保険がきくかどうかは、病院から出される治療薬や受ける検査の種類により異なるので、注意する必要があります。つぎに、保健所を利用して検性病査を受ける場合、かかる費用としては、日本各地にある保健所において、いくつかの性病検査をタダで実施しています。ですが、自分の名前を伏せて検査は受けられなかったり、各保健所で行われる検査が変わったりするため、きちんと覚えておきましょう。最後に、性病検査キットを利用する性病検査がありますが、どの検査を通していくつ受けるかにより、費用が大幅に変わります。検査の種類としては、単品検査や複数検査があり、単品検査では3000円から5000円程度かかり、複数検査の場合は5000円から20000円近くかかるでしょう。それ以外にも、10000円から33000円の間で検査可能なカップル検査もあり、結婚する前に利用する方がたくさんいます。以上のことを頭に入れ、どの検査方法を利用するかしっかりと決めましょう。

Copyright© 2017 性病検査をしよう|3つの手段で徹底リサーチ All Rights Reserved.